FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グレン・グールドの映画を見逃していたので、こちらは気合を入れて初日に見に行きました。

341072_001.jpg

”ピアノマニア”とはよく名づけたものです。
調律師シュテファンの職人技をあまねく見せるドキュメンタリーで、ピエール=ロラン・エマールがバッハの「フーガ技法」を録音する1年前からの準備期間に沿って追いつつも、彼に仕事してもらいたいのは他のピアニストも同じ。仕事は常に並行してあっちへこっちへ飛び回ってます。

調律師はピアノの音階の調整、と簡単に考えていたら、いや実際自分の自宅での調律現場を見ていてもそんな感じだったのを覚えているのですが、それだけの生易しい仕事ではないことがわかりました。

何しろピアニストが求める抽象的な表現の音を、具体化しなければならないのです。
音の広がり方、ディレイの時間を探り、音響版を作ってとりつけてみたり、はたまたスタインウェイ社に行って新たなピアノを調達して可能性を探るなど、正直その費用決済は誰が・・?と別なところで気になったりもして、どれも非常に胃が痛くなりそうな緊張感とらわれる場面であるのですが、彼自身とてもユーモアがあり、ダメだとわかっても”がっかりしてない。挑戦だ。"というポジティブな精神が、「マニア」であるわけです。
341072_002.jpg
1年間の音作りを経て、とうとう録音当日が来ます。後世に残る作品です。
ピアノはホールに設置して録ります。録音技師はマイクのセッティングをしたのち、上階にて録音のスタンバイ。
テイクをいくつか録るうちにもシュテファンはピアニストに呼ばれたり、録音場所に戻ったりとそのたびに階段を駆け下り駆け上り大忙し。ここで、録音技師も譜面読みをしながらピアニストの演奏を聴き録音作業を進めています。シュテファンともタグを何度か組んでいるようだし、クラシックにはクラシック担当の人がやっぱり付くのか、と思いました。

シュテファン自身もピアノ弾きであったけれども、あんなストレスを受ける毎日なら裏方でよかった、とピアニストたちの心を理解する発言をしたりして、これがまた彼の引っ張りだこになる理由なんでしょう。

ジーパンのピアノ王子、ラン・ランも冒頭で出演。やっぱりジーパンでした。リハーサルですけど。
341072_003.jpg

予告編ですがどうぞ。
Secret

TrackBackURL
→http://panda55.blog24.fc2.com/tb.php/271-c3202833
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。