FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年のグラストンベリーのヘッドライナーにジェイ・Zが起用されたことに対して、ノエル(Oasis)が「グラストンベリーはロックなんだよ、ヒップホップなんかありえねぇ!」とほえたとか。

すると当日ジェイ・Zはギターを抱え登場、1曲目のOasisの「Wonderwall」を演奏したと。

あった→Youtube 観客の方が大声で歌っとるよ。
JZ.jpg
寒そうだな。

それに対してノエルは・・・・、

まだ続報がひろえない。というか、続報あるのか?
「Umbrella」も演ったって。こっちも見たいなあ。

+++++++++

そういや、大分前にいただいた去年のManicsのグラストン・ファイルを思い出して解凍したら動画だった!
てっきり音だと思っていたので、予期せぬ出来事に一瞬狂喜。
よく考えればでかすぎるファイルサイズに気づけよ、って事ですが。
・・・・・・が、見られない。コーデックが、たーりーなーいー・・・。これ関係で格闘するのは久々じゃ。

このグラストンベリーは、去年サマソニに来る少し前にやったライブで、ニッキーの髪が赤くきれいに染まっている。「Your Love 」でアルバムでもデュエットしたCardigansのニーナが1曲だけのゲストで出てきた。調子が悪いのか、高音パートを歌うのがきつそうだ。いっそのことサマソニのように全部Jamesに歌わせちゃえばよかったのに。両方のパートを歌って、全然違和感ないのが不思議なくらいなのだ、このおっさん(James)。

フェスに限らず、ライブ映像でよく思うのは、カメラがどうして客席を撮るのかな、っていう。フェスならグィーンと全景を映して、ほらこんなに広いところでやってるんだよ、というメッセージを伝えたいのはわかるんだが、最前列の客をなめたり、ダイブの客をずっと追っかけたり、とヒトコマもいらんやん、無駄に撮るな!と常に握りこぶしなのだ。よりによって、今回のこれな、Jamesのソロになるとカメラが外れる・・・・。撮るとこ違うやん!

と、頂き物のくせに、文句たれてみたフトドキもの。

グラストンベリー行ってみたいんだが。フジロックのもとなんでしょ?と、うちの欧州人に聞いてみた。
「泥だらけだよ」と、夢もなく、ばっさり切り捨てられた。
スポンサーサイト
國語版新譜が出たそうだ。
不想放手


英語曲もあるようなので楽しみ。
TheWho2.jpg


当たった。(・・・全員当たってそうな予感。)
それでも当初申し込もうとしていたUDOで、突然枚数制限で先行打ち切りになったので、ちょっと焦ったんだが、まぁ座席についてはそんなに期待していないので、せめて”南”文字がつく席であってほしいと願うだけである。

当然ながら、Tour MemberにZak Starkeyの名前をみつけて大喜びっす。
U2
「Don't Give Up (AFRICA)」 Alicia Keys & BONO

早朝、J-waveからこの歌が流れてきた、ちょっと驚いた。
それは流れたこの朝の時間のタイミングと、当時日本では(確か)買えなかった曲だったので、
もしかしてすでにiTunesに入ってたのかと思ったのだ。

結局、iTunesでは見当たらず。
ただYoutubeに上記のふたりの動画があがっていたので、それはそれで収穫。と言うあたり遅いし。

こちらはカバー元の、
「Don't Give Up」 Peter Gabriel & Kate Bush
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。