FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は久々に家にいたので、J-WAVE「DJ Koby's Radio Show」を聞くことができた。で、ラストに「This Old Town」がかかり、いやぁ、かっこいいな~、そう言えば買ったはずだが?とiTunesのライブラリーを見ると、、、、消えてる・・・。買ったつもりだったんか?!あてのない自分の記憶力に軽くショックを受けつつ、再度ポチ・・・。
TOT.jpg


Graham Coxon とのコラボ、ドラムをZak Starkey、で、Youtubeに上がってる『Friday Night With Jonathan Ross』では、ベースをManiが弾いててエライ豪華な仕上がりになってるが、それきり?
ポールオヤジはかっこよくきめてるんだが、グレアムがなんつーかオタクっぽいというか、4人バラバラな服装をしてて笑える・・・。

話は戻って、ポール・ウェラー・ヒストリーって事なので、THE JAMとTHE STYLE COUNCILの曲も入っており、何だかひとり懐かしんでおったのだった。
スポンサーサイト
easonmika1.jpgeasonmika.jpg

4月8日の《第八屆音樂風雲榜 》@北京で、Mikaがプレゼンターとして陳奕迅にトロフィーを渡したらしい。去年Mikaが香港に行った時は陳奕迅に会えなかったので、今回のご対面は両者ともうれしかったそう。

Mikaの曲は一時期日本でも流れない日はなかったくらいヒットしたけど、自分は「Grace Kelly」より「Love Toay」を気に入ってCDを買った。形容しがたい歌唱法に”フレディの再来?!”なんてマスゴミがつけてしまった、またはフレディの未発表曲だと思ったら歌っていたのがMikaだった、とかいろいろ言われてたけど、別物と考えましょうよ、いいかげん。おっと、もう誰も言ってないか。

mika-LICM.jpg

このジャケの通りカラフルでポップな曲がオモチャ箱に詰まってるって印象。
去年フジロックにも来てたな。その前に単独もやった記憶が。

で、陳奕迅てば忙しそうに見えて、ちゃんと聞いてるんだなぁと、ちょっとびっくりした次第。
phptpgraphs

以前目にした記憶があるけど、既に廃盤になっていたのは知らなかった。紙物な~と思っていたけど、Manicsのファンサイトでこの会話を読んだ途端、どうしても欲しくなった。

みんなが爆笑する、もしくは唖然としてしまう143ページには何の写真が載っているのか。

・・・見たい。どうしても見たい。もしかしてファン生活を終わらせることになるかもしれないけど、どうしても見たい。ああ、何であの時買っておかなかったんだろう。

ググって見ると、尼日では4倍以上の値段。(まだ載ってるけど、今日現在¥22,000ほど。)
だめだ。なら尼UKだ。すると、定価近い値段で残ってる。ラッキー!とポチしてみたが、翌日refund。国外発送不可であった・・・。その次のリストは迷う値段。どうする。どうする。と迷っていたら、何やら為替が著しく動き始めたので、今だ!とポチ。

発送もスムーズで、すぐに会社に届いたが、デカくて重すぎ。その場で開きたい衝動を押さえ帰宅。でも翌日から香港だったのでパッキングせねばならず1ページ1ページゆっくり見てられない。しかし問題の143ページだけは確認しなくては。



   ・・・・・・・ホントにヤバイ。


何がどうヤバイのか興味があれば、どうぞ拙宅へ。
jdb202.jpg


会社PCの壁紙を指して、Dが聞いた。欧州出身なら知ってるだろうと思ったら、

「日本人にも知られているのか?」

・・・(やはり)意外だったらしい。

「僕が若いときに聞いてたよ!」

・・・今も20代な君が若い時って一体いつだよ。

行きかけて振り返り、
「ああ!あの曲が超有名だったよね!えーとえーと・・」

・・・過去形かよ。で、何を言う気か?「You Love Us」?「Motorcycle Emptiness 」?

「あれだ、"A Design For Life"!」
と口笛を吹きながらスタバに行ってしまった。

もっとパンクロックな曲を期待していた分、軽くショック。

CD
「Tibetan Freedom Concert」
TFC.jpg

BEASTIE BOYSが提唱して1996年に第1回が開かれて以降、定期的に行われてまだ終わってはいない。
第2回にはU2が「One」を歌った。このときの画像はネットでも多く見られる。
上記のCDは、第1回と第2回からのベスト版(らしい。誰が欠けているのかな)。

3月この時、ちょうど香港にいた。出発前にきな臭いニュースが流れていたが、衝突のニュースを見たのが、現地新聞でなく英字新聞だったのが少しショックだった。自分に出来るのは何か。できるだけ内地に金を落とさない事だ。でも香港台湾行って食事して映画見てCD買って、と間接的には同じ事。そんな自己矛盾のイライラを抱えてもう1ヶ月。
“My Blueberry Nights”
MBN.jpg

初めにこの話題にふれたのが、06年5月。まだキャスティングも噂段階だったな。
その次は、07年5月のカンヌ。そして現在日本。無事公開されて、何人が胸をなでおろしたことか。

で、冒頭のサントラがいい感じ。自分的にはNatalie Portman をジャケにして欲しかったけど、そりゃ無理か。
1曲目の「The Story 」は、今チャートに入ってきてるNorahの新作。
Ry Cooder が当然いい味。

cat powerそして、映画にも出演していたもうひとりの歌手、
キャット・パワー(Chan Marshall)。
歌は何回か耳にする機会があって、ハスキーな声が印象的なんだけど、今回の映画を見て、「声は似てるんだけど違う人か?」と???がいっぱいだった。若いんだかオバチャンなんだかわからなかったぞ。
ジャケ写とかもっとキレイなんだけどなぁ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。