FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CD
MTV Newsより。

リンキン・パークはU2に似ている?

先月リリースされたニューアルバム『Minutes to Midnight』が、全世界31ヶ国でナンバーワンに輝いたリンキン・パーク。さらにパワーアップしたサウンドでシーンに戻ってきた彼らは、今作でU2から影響を受けたと告白している。

絶好調なセールスだけでなく、社会的な活動など、最近様々な面でU2と比較されているリンキン・パークだが、これについてベーシストのフェニックスは、「U2は大好きなバンドだし、新作のサウンドも影響を受けたのは否定できないね」とコメントした。


そこはかとなく中華新聞的な香りがいたしますが。

やっと手に入れた、LINKIN PARKの新作『Minutes To Midnight』。今までのバンドの方向性と異なるのが、ファンの間でも論議をかましているようで、素人ファンの私にはMike Shinodaのラップが消えた!ってのが一番印象強い。でもこれもありなのでは?確かにアクが消えた気はするけど。

そしてこの記事。今作での共通な事といえばプロデューサーにクレジットされてるRick Rubin。U2では、Green Dayとのコラボ"The Saints Are Coming"や、"Window in the Skies"をやったのが記憶にある。売れっ子Rick Rubin、手がけるミュージシャンはRed Hot Chill Peppers、Slipknot、Justin Timberlake、METALLICA・・・。実に多彩。まさかプロデューサーが一緒だったから似ている、なんつーこともあるまい。

言われてるジャケはこちらです。
U2『All That You Can't Leave Behind』  LINKIN PARK『Minutes To Midnight』
U2_all        Linkin_MTM

わははは。

”Rick RubinがU2の新作を手がける”っつーニュースが言われてますが、上の2曲のこと?(アルツ) 今月頭にMoroccoのFezでレコーディングに入った時には、確かDaniel LanoisとBrian Enoの黄金メンバーだったけど。
雰囲気も満天なFezで。
u2_fez.jpg
スポンサーサイト
2007.06.24 ♪ Message 2U
U2
「Bonoは、人が1週間かかる事を1日で成し遂げる」というような事を言ったのは、Paul McGuinnessだったと思う。分刻みで世界を飛び回り、移動中も本を読み、一体いつ寝てるんだ?最近飛行機の中では常に爆睡なオレ。見損ねた映画をやってようが、食事が来ようが、構うものか、と。ついでにここ数週間は、睡眠時間を捻出するのに精一杯。とてもBonoのタフさが信じられん。

cover_vanityfair_146.jpg


最新刊のVANITY FAIRではゲスト編集長を務め、Spirit Of Africaをテーマにアフリカ特集号。この表紙がなんと20バージョンある。(こちらで見られます。) 趣旨に賛同する様々な著名人が。二人組みで写りチェーンのようにつながっている。売り上げの一部はアフリカ支援のファンドに寄付。Bonoからの「Guest Editor's Letter」が読める。ぜひどうぞ。

表紙に登場しそうなアンジーがいない・・?!そのアンジーに影響を受けたと言うジョークルさんはおります。ジョークルさんは、ここのところダルフール紛争に係わる発言や行動が目につくが、ダルフールつながりで、CDのお話でもおひとつ。

”SAVE DARFUR ”
20070624001354.jpg

アムネスティとコラボした約30人のミュージシャンによるJohn Lennonの代表曲カバーのチャリティ・アルバム。ご覧ください、見事なメンツです。これはまさに一家に一枚。第一発にU2による「Instant Karma」。この曲をU2、Duran Duran、Tokio Hotelの3組がそれぞれ披露。聞き比べるのもおもしろい。店頭発売は来週だけど、今ならUK iTunesで聞けます。
home_intro.jpg


・MCは「尽量」日本語で、と宣言し、貫徹。
・広東語、北京語、古いの、新しいの、代表曲、と香港明星の王道を行く。
・踊っても歌っても踊ってもまた踊っても、息をあげない。
・妻と娘の話でのろけるのを忘れない。
・ミュージカル《雪狼湖》のさわりを披露し、見てない人を歯軋りさせる。
・さらに《如果、愛》の映画をうっかり見てない人を後悔させる。
・後半になればなるほど声量のいる曲を配置し、度肝をぬかせる。


こういうプロに徹したステージは、本当に楽しい。
しかも歌うのが好きで好きで大好きな人がやるステージ。
大して予習復習もしなかった自分にも知ってる曲が多かったので、ほっと安心。


途中、赤いハイヒールをモチーフした影像が使われて、ダンサーも入れ混じり、
既視感で鳥肌がたった。そう、場所も同じ、ちょうどこのフォーラムだったからだ。
亡くした友達のために書いた曲、先週まだ32歳で突然逝ってしまったTちゃんにも、
《給朋友》が届けばいいと思った。



とっころで、バックバンドの紹介ですよ、ドラマーが恭碩良だったのにびっくり!軽く検索してみましたが、ヒットしなかった~、彼はずっと学友のツアーについてまわってるのでしょうか?!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。