FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
I-KEN2007[ I・Ken ] 1st Concert
(Iって何の意味?アイ?イチ?)

孝天のコンサに行ってきた。@国際フォーラムA
F4ファンではないけど、ミュージシャン志向が強い彼のCDは
発売と同時に買って聴いていたので、ちょっと興味をもち。
出たのはいつ頃だったか、2005年1月ぐらい?
その時のメモによると、

気に入ったのは「黒白」「復活」「領情」「帯我離開」。
曲ごとにプロデューサー(アレンジャー)が違くて、
1stだから、やりたい事を全部詰め込んでみた、という感じ。
アルバムとしてのトータルイメージがなく、”精選集”のよう。
この先何枚か重ねると彼の色が出て来るんだと思う。

非常に偉そうだ・・(笑)。
プロデューサーにJIM LEEの名もあり(ワタシは彼のストリングスの使い方はホントにうまいと思っているのだが。)サポート陣もビッグネームがそろい、恵まれたCDデビューだと思った。

で、コンサの行きがけ予習にiPod ON!・・・したら、入ってなかった・・。
ぶっつけ本番。
1枚だけのCDで時間をどうすごすのか、中華明星にありがちな騒動も耳に入り、
不安要素を抱えつつ。

結果。よかったっす。CDよりずっとよかった。
音程もはずさず、声が安定していたのが良かった。
おそらく半分はカバーだったけど、その選曲が彼のシンガポール時代の
思い出と一緒に語られつつ歌われ、彼自身を表現しようとしてるように見えた。
「Something」では、ワタシもオフコースや幸宏がカバーしていたのを思い出し(笑)、
「Across The Universe」では、Tsunamiチャリティで歌ったBonoを思い出し(笑)、
極めつけは、GUNSの「Patience」!!びっくらした。

というのは、
gunsGUNSが来るのだ!(クリエイティブマン)
つい先日発表になったばかりで、行きて~~~、と
久々盛り上がっていたところだったから。


「ナーバス」と言っても、どこが~?!と突っ込みどころ満載なMCで、
彼も楽しんでいるのがわかったので、なんともマッタリなコンサだった。
服装もワタシが思う彼そのままだったので。
(へんなのを着させられずにホントによかった。)
ちょっと頬が丸くなってたけど。
入り口で配られたアイマスク、まさか「僕の歌を心で聴いてくれ」なーんて言わないよな、
だって本人見えなくなっちゃうし、と思ってたら、そのまさか。
おもしろすぎだ。

最後のアンコールはあれで良かったんか?
ファン的にはいいのか。
スポンサーサイト
回回回回回回回回回回回回回回回回回回回回回回回回回回回
恭喜發財・・・遅いってば。

eason今年は陳奕迅の紅館の予定があり。
アサヒがHoobaなら、キリンはYMO!

ymo_re
(C)LIGHT PUBLICITY  CM製作もこちらが?いい仕事だなぁ。

本日2月3日より、CMオンエア。
使用される曲は、”RYDEEN”の2007年Update版「RYDEEN 79 / 07」。
3人はこの曲のために再々生、とか。これ限り、とか。
でもまた3人が「YMO」として演るのはうれしい限り。
盤としての発売はなく、ネット配信のみ(配信先リスト)ということだが、
アレンジを聞く限り、微妙だな~。やはりなさそうな気がする。

ワタシはとりあえず iTunes1 から。

TVCMは、こちらでも見られる。「KIRIN LAGER meet YMO」特設サイトのCMギャラリーへ。
メイキングも見てちょうだい。
原始人バージョンとか相変わらず”彼ららしく”て、泣くよ。
D_S
ZIP-fm77.8のREAL ROCKという番組のROCK STEADY GOというコーナーで、Dougが30分間DJを担当した。
これね、、、ひじょーに聴きたかったんだけど、
名古屋局が入るのか?うちで。
試そうともせず、当日が過ぎてしまった。


Dougの選曲は、

1. Same Direction - HOOBASTANK
2. Caffeine - Faith No More
3. A Mistake - Fiona Apple
4. Knights Of Cydonia - MUSE
5. Jerry Was A Race Car Driver - PRIMUS
6. Pins And Needles - Billy Talent
7. The Day I Tried To Live - Soundgarden
8. Dirty Movies - VAN HALEN
9. Inside Of You - HOOBASTANK


VAN HALEN、かけるだろーなーとは思っていたけど、MUSEときたか!
Dougは、本人も言ってるけど新しい音はあまり聴いていない様子だったので、
このチョイスにちょっとびっくりした。
この曲は、2006サマソニでMUSEがラストに演った曲っすね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。