FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そんなわけ(?)で、Dr. Johnの動画をいくつか見ていたら、なんだギター弾いてるじゃないの、と
知らなかったのは自分ばかり(?)。そんな中でこれを見つけました。
先日亡くなったEttaとの共演です。

Etta James & Mac Rebennack - Groove Me!


他には
Etta James & Dr.John - I'd Rather Go Blind ( Blind Girl)


『キャデラック・レコード』でもビヨンセが歌っていた、、、と記憶してます。
あんたが別の女といるところを見るぐらいなら、目が見えなくなったほうがいい、という情念ブルースです。
ふたりのからみでは、御大完全に押されてて(?)かわいいですが貴重な映像ですね。
スポンサーサイト
0215-2012.jpg

2月15日の1stセットを聴きに行きました。
この東京公演の前に大阪2daysがあって、計10stage。御年71歳にはこの極東公演は移動がいささか辛いのではないか、来てくれるのなら行かねば、と駆けつけたわけですが。

ピアノとオルガンを対面にして、片方弾き、両方弾き、オルガンの上にはいつものドクロ、そして羽飾りの杖を持ちながら、一歩一歩踊り(?)ながらの登場、といつもと変わりなく余裕のステージでした。
大阪、前東京公演の様子を探ってみると、セットリストが毎ステージ変わっている様子、しかも当日でも場内の雰囲気で変えているようです。

日本での彼の知名度を考えたら、私は結構来日ライブには足を運んでいるほうだと思っているのですが、
今回、彼がライブでギターを弾くのを初めて見た、、、気がします。
もともとギタリストで始めた音楽人生、不慮の事故によりピアニスト&オルガニストに転向したわけなので、
驚くことではないですが、人前では弾かないのかと勝手に思い込んでいました。



ストラップのかけ方もこの動画と同じ。腕が上がらないのか、と余計なお世話です。

Billboard Live はBlue Note もそうですが、食事しながら飲みながらライブを鑑賞するという立ち位置なので、基本おとなしめ、というか大人のライブ(暴れない)と形容されてますが、やはり場内では踊りだすお客さんも出てきました。
そうこなくちゃ、とステージでもそれを見て目くばせしたり、うれしそうなそぶりでした。
個人的には「Good Night, Irene」が嬉しかったです。場内の温度も上がった気がしました。

私の最大の失敗は、ライブが終わった後会社に戻るつもりだったので電話をしたところ、懸念事項は片付いたので必要なし、と言われてほっとして帰ってしまったことでした。
なぜこの後の2nd Stageを見ようと考えなかったのか。。。
今公演秘蔵だった「Iko Iko」をなんとオープニングで演ったそうです。

終わったあとに、彼がTwitterのアカウントを持っていることに気がつきました。@akadrjohn
日付を見ると、この日本公演から急に使用頻度が上がったようですが、日本滞在中も寒さに凍えている写真(笑)とか何度もつぶやいたりと、Jimmyと同じく本人によるPC(含 スマートフォン)使いには懐疑的な私ですが、ライブのいい手ごたえを受け止めてもらえたなら幸いです。

そしてバンドはまっすぐ帰るのかと思いきや、「Headin' to Hong Kong」というつぶやきが。
どうやらこの後は、香港芸術祭にご出演の模様。ああ情弱な自分。知ってたらついて行ったのに、とここでも後悔。香港では盛り上がったでしょうか。

5月には新譜が発売される予定で、プロデュースは少し前に音楽誌の表紙を埋めて話題のザ・ブラック・キーズのダンが担当するという話です。
etta.png

ブルース・クィーンと言われる Etta James(1938-2012)が1月20日に亡くなりました。
日本でも公開された『キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語』ではビヨンセが彼女を演じていました。
etta-beyonce.jpg

この映画はR&Bの名門チェス・レコードを題材として実在の人物・逸話を興味深くたどったものです。
ブルースにあこがれる若きストーンズが訪ねてくる場面などもありました。

私が持っているEttaのCDは、「Rocks The House」「Come A Little Close」の2枚だけですが、伝説といわれるその声の衝撃を受けるには充分です。有名な「At last」よりはこちらを流して聞いているほうが心地いいです。

ドラッグやら何やらで波乱の一生と言われていますが、こうやって音楽が残っていくのは素晴らしいことです。

折しもこの日(1月20日)のJimmyのOn This Dayは、Ettaの話題でした。

In 1964, Etta James released the album ‘Rocks The House’, which had been recorded at the New Era Club some five months earlier. Her live recording of the Jimmy Reed song ‘Baby What You Want Me To Do’ and her vocals from the intro to the last chords is something that has to be heard and experienced.


私はこのJimmyのサイトを見てJimmyとEttaのつながりを見つけてちょっとうれしく思ったあとに、Ettaの訃報が飛び込んできたので、びっくりしました。海外ファンのコメントを見ても、JimmyのサイトのUpの方が早かったとありましたが、知らせを受けてのRIP記事かもしれませんね、もしかしたら、と色々想像しとります。

Baby What You Want Me To Do - Etta James
超かっこいい。

1月28日に葬儀と追悼式があり、スティービー・ワンダー、クリスティーヌ・アギレラのパフォーマンスがYouTubeに上がってますが、私的にはアギレラよりもアデルに歌ってほしかったなぁと思ってます。アデルの今の話題性から言うのではなく、彼女はうまく歌えたんではなかろうか、と。



本日別の訃報です。朝からこの話題でもちきり、J-WAVEでは気がつくと彼女の曲が流れています。

R. I. P. Whitney Houston
ノエル脱退のニュースを聞いて、熱心なファンではない私もドキドキしてきた。
いつもの兄弟喧嘩ですまなくなっているらしい。
リアム、キレたからって、人のギターを壊すなよ・・・。それもどうやら、ノエルのビンテージ・ギターらしい。

このまま解散に向かってしまうのか・・?!
Thanks for EVERYTHING!

Les_Paul


あの映画、やっていたのはついこの間だと思っていたら、ほぼ1年前だった。

本当に伝説になってしまった。

Les_DVD

今夜はこのDVDで追悼を。
2009.06.29 ♪ RIP - MJ
朝7時。バタバタと家を出る寸前に「心肺停止」のニュース。またたちの悪い冗談だと思ってたが、気になって電車の中でケータイニュースにアクセス。信じがたい事実だった。ロンドンで50公演だなんて、また無謀なことをやろうとしてんな、でも実はその成功のニュースを楽しみにしていた。こんな幕切れなのか。

オフィスには、何台もの37インチのモニターが天井から吊り下がっている。普段流れているCNNが、特番に切り替わっていた。過去のライブ・イベント影像、現場の生中継。ようやくランチタイムでモニターをゆっくり眺めていると、信じられんよ、と話しかけられた。あの時日本でもとても熱狂的だった事、「彼の好きな色は? - ア~オ!(青)」「好きな味噌汁の具は? - フー!(麩)」という日本人にしかわからないベタなネタがあった事、そして、ショートムービーの作りの、スリラーのMVに自分も当時驚いた事、みんながゾンビ踊りを真似した事、ひょうきん族というTVプログラムの中のひょうきんベストテンというコーナーで日本の妖怪がバックで踊ってた事を説明した。そういえばその物真似した人もすでに故人。

大ファンだったのか?と問われ、いや、アルバムは初期の3枚しか聞いていない、でもチャートに入るから彼の歌は必ず耳にするし、良くも悪くもニュースには事欠かない人だったから、と言うと納得したようだった。


‘93のスーパーボウルのハーフタイムショー。



ニコ動だけど、Youtubeにもあるかと思う。
今までにも見たライブ影像だけど、改めてみると心持が違う。歌が世界を救えると信じていた。


ほか、ネバーランドに作ったステージでリハをしているブート流れの動画も見られる。
会場照明、クレーンなど、本番さながら。興味があればぜひ。ポゥ!
2009.05.11 ♪ 献花
訃報を知った香港で香りたっていたシルクジャスミンを。
1881Heritage


「昨日RC聞いてたら、かあちゃんに怒られた。」
ある日同級生が言った。

「オトナにはわかんないんだよな。」

体制にも権力にも常に闘い続ける姿がかっこよかった。


自分にとってはこのステージで見た姿が結局最後になってしまった。
またいつでも会えると思っていた。

私の好きな、ソウル/ブラック・ミュージックな名作、忌野清志郎「メンフィス」
BOOKER T & THE MG'sとのライブも必見。
メンフィス
日本のライブは昨日ですべて終了、引き続きアジアツアーへと旅立つOasisご一行。
フジRの出演も決まって、Oasisファンがうらやましす。
ノエルのBlogは、ネタが時々ニュースで流れてくるほどで、どうやらいろんな方面(?)で注目されているらしい。
ケータイからテキスト送信のようだが、例のステージ上で襲われた後、ベッドの上からUpdate、というので笑った。

で、ライブ中、当事国として何かおもしろい話題があるかとのぞいてみた。
結構日本ネタが書かれてますが、その辺はOasisファンへお任せするとして、ちょっと過去ログへ。

はい、例の問題。北京(3-Apr)と上海(5-Apr)の公演中止。
ノエルが過去チベットがらみのコンサートに出たから、ってのは何でしょうねー。
納得いく理由(笑)だけど、それならチケ売出し前で判断すればよかったのに。
そうかと言えば、主催側のファイナンスの問題、なんてのも言われてるようで。

どちらでもいいです。その恩恵を受けたのが、

台北(3-Apr)! GJ!!
シンガポール(5-Apr)!!

いつもの”国はひとつ”の強行路線は、こういう場合は違うのか、と野暮なことは言うまい。


で、前置き長くなりましたが、本題。

25/02/09
Been doing a lot of Asian interviews of late. On the phone. I hate speaking on the phone, never mind being interviewed on the bloody thing. Saying that, I did impress a lady from Hong Kong with my knowledge of the 60s Hong Kong music scene - there actually was one! Teddy Robin And The Playboys - a tune called "Magic Colours" - amazing! I plan to cover it one day and turn it into a smash hit.

最近アジアからのインタビューを多く受けてる。電話で。オレは電話で話すのが嫌いなんだよ、インタビューの内容がどうでも。そういや、香港の女性(→インタビュアーかと。)が、オレが60年代の香港音楽シーンに詳しいんで驚いてた。Teddy Robin And The Playboys の 「Magic Colours」って曲はびっくりするよ!いつかカバーして、ヒット曲にしてやろうと思う。

(こんな感じでしょうか。。ノエルの言葉ってワシにはわかりにくいっす(汗)。)

で、こんなところで、テディさんの名前が出てきて、ワタシもびっくり。
Teddy Robin泰迪羅賓(スバラシイ一発変換)っちゃー、ワタシにとってはもう役者のテディさんなんだが、Wikiによるとこのバンドは60年代にデビューして解散してしまったらしい。斜め読み。

テディさんのその曲はここにあります。
リンク先をたどっていくと貴重な影像もUPされており、広東語で歌う前の香港、日本語ロックが始まった日本、の時代背景なんかと考えながら見ても、面白そうである。


で、陳奕迅の≪野。良犬≫は彼がプロデューサーだったわけだが、

VC080128012Egif.gif

なにげに劇中の音楽使いがうまくて、それは陳奕迅と林子祥が出ていただけでなく、テディさんの影響もあったんであろう、と納得。

se09091825_big.jpg



で、ノエルブログの続き。

A Chinese journalist asked me did I have a message for "Chinese fan" ahead of our up-coming Chinese tour?
"Erm..not really"
"Nothing? Nothing you want to say?"
"Just tell 'em to watch out - Oasis are coming"
"Ok", she says. "I tell Chinese fan to wash it out!"

中国のジャーナリストが「来たる中国ツアーで、中国のファンにメッセージはありますか?」とオレに聞いた。
「あー、、、いや特に。」
「何も?何も言いたいことがないのですか?」
「『気をつけろ、Oasisがくるぜ』とだけ伝えてくれ」
「OK」、と彼女。「『片付けろ』と伝えときます!」。

(どうも彼女さんは、watch out と wash it out を聞き間違えたようである。)

なるほど・・・・。

だからOasisは文字通り”片付けられて”しまったのか(笑)。
amazingjourney

ライブの余韻をかみ締めつつ、見てきた『Amazing Journey』。
これまたおもしろかったっす。
ロジャーとピートが、The Whoとキースとジョンを語り、エッジ(ここ最重要)・スティング・エディ@パール・ジャム)・ノエルがThe Whoを”熱く”語る。
ロック・バンドの歴史を追う作品はけっこうあるけど、これは編集もうまくて適度に緊張感が保たれて、あっという間に時間が過ぎてしまう。私たちは現在の彼らを知っているから、過去に訪れた彼らの転機も知っている。でもそれらを語るふたりの顔を見ていると、全て昇華して辿りついた今とこれからを楽しんでいるようで、何だかジーンとくる。

「おいおい!」と突っ込みどころもあり、爆笑どころもありだったのだが、何より差込ばかりで1曲全部まともに流されてなかったのが残念だったが、また見に行きたいと思うのだ。


ロジャー、、、、涙が出るほどナイスガイすぎるぜ。


併映。行かねば。
kilburn
しょぼいケータイ。
08-11-19_18-321.jpg

まいった。非常に参った。
こんなにヤラれたライブはU2以来かも。
あっさりチケが取れちゃったので、何かと不安があったのだ。


けれど!

The Who サイコーだっ!!!

どれぐらい素晴らしかったかというと。

終演後、追加で決まっていたもう1日の武道館のチケを買いに走ったのだった。

始まる前から異様な雰囲気の武道館であった。
こんなにWho人口がいたとは、オドロキであった。
野郎率、非常に高し。
いつもは行列している女子トイレがガラガラであったほどだ。
何より2日目は開演前にU2「In the name of love~♪」と流れてきて
おお、前の日はなかったのに!と感無量になったところで暗転。
劇的すぎる(自分比)。

セトリはツアー持ち回りのままであったらしいが、超定番をそろえていたので、
数枚しかCD持っていない自分でも、問題なしだった。
考えれば昔の時代の曲なんだが、全く古くない!
そのままRockであるぞ!一緒に歌うぞ!

ロジャーもピートもすでに60歳越え。
何であんなにセクシーなのだ。
13日大阪、14日横浜、16日さいたま、17・19日武道館
最後はロジャーの声も辛そうだったが(MCでOFFは3日必要と本人もおっしゃってた。)、
それでも60過ぎて(しつこい)1週間で5公演っすよ。
最近高音が出なくなってスルーしたりキー変えたりするどこぞの若手バンドに見習ってもらいたい。

「Naked Eye」は大阪横浜さいたまでは演奏がなく、武道館のみのバージョンだったので、大阪から回ってきた人たちには「Won't Get Fooled Again」が「My Generation」より前に演奏されたから、おおおお!という反応だったそうだ。これまたラッキーでした。

ピートは腕をブンブン振り回し、ロジャーはマイクをブンブン振り回し、
ピートは飛び跳ね、ロジャーは胸をはだけ・・・(笑)。
今まで影像で見てたのが、今は目の前で本物が・・・、とあちこちで号泣(予想比)。
ザックのドラムも炸裂で、文句なし。

Bonoが、”日本人はいつからこんなにクレイジー(な反応)になったんだ?”と言ってたけど、
ピートも”長い間来なくてすまんかったな”と、やはり意外性を感じたんだろか。
とにかくみんな待ってたんだ、オヤジたちのライブを見るのを。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。