FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グレン・グールドの映画を見逃していたので、こちらは気合を入れて初日に見に行きました。

341072_001.jpg

”ピアノマニア”とはよく名づけたものです。
調律師シュテファンの職人技をあまねく見せるドキュメンタリーで、ピエール=ロラン・エマールがバッハの「フーガ技法」を録音する1年前からの準備期間に沿って追いつつも、彼に仕事してもらいたいのは他のピアニストも同じ。仕事は常に並行してあっちへこっちへ飛び回ってます。

調律師はピアノの音階の調整、と簡単に考えていたら、いや実際自分の自宅での調律現場を見ていてもそんな感じだったのを覚えているのですが、それだけの生易しい仕事ではないことがわかりました。

何しろピアニストが求める抽象的な表現の音を、具体化しなければならないのです。
音の広がり方、ディレイの時間を探り、音響版を作ってとりつけてみたり、はたまたスタインウェイ社に行って新たなピアノを調達して可能性を探るなど、正直その費用決済は誰が・・?と別なところで気になったりもして、どれも非常に胃が痛くなりそうな緊張感とらわれる場面であるのですが、彼自身とてもユーモアがあり、ダメだとわかっても”がっかりしてない。挑戦だ。"というポジティブな精神が、「マニア」であるわけです。
341072_002.jpg
1年間の音作りを経て、とうとう録音当日が来ます。後世に残る作品です。
ピアノはホールに設置して録ります。録音技師はマイクのセッティングをしたのち、上階にて録音のスタンバイ。
テイクをいくつか録るうちにもシュテファンはピアニストに呼ばれたり、録音場所に戻ったりとそのたびに階段を駆け下り駆け上り大忙し。ここで、録音技師も譜面読みをしながらピアニストの演奏を聴き録音作業を進めています。シュテファンともタグを何度か組んでいるようだし、クラシックにはクラシック担当の人がやっぱり付くのか、と思いました。

シュテファン自身もピアノ弾きであったけれども、あんなストレスを受ける毎日なら裏方でよかった、とピアニストたちの心を理解する発言をしたりして、これがまた彼の引っ張りだこになる理由なんでしょう。

ジーパンのピアノ王子、ラン・ランも冒頭で出演。やっぱりジーパンでした。リハーサルですけど。
341072_003.jpg

予告編ですがどうぞ。
スポンサーサイト
『小澤征爾さんと、音楽について話をする』を読みました。

小澤征爾さんと、音楽について話をする小澤征爾さんと、音楽について話をする
(2011/11/30)
小澤 征爾、村上 春樹 他

商品詳細を見る

対談というよりは、前書きで村上春樹の言う”小澤征爾さんと過ごした午後のひととき”をまとめました、という感じがぴったりで、レコードやCDをかけながら(なにしろ盤を換える記述に臨場感があり)語らう二人のおしゃべりに、読む側もその会話に参加しているような錯覚に陥るような楽しさがありました。

村上春樹はプロフィールなどにも書かれているように、元ジャズ喫茶の店主という経歴からジャズ大好き人間という先入観がありますが、本書を読むと、ジャズと同じくらいクラシックにも傾倒している様子がうかがえます。
直近の『1Q84』の冒頭でヤナーチェックが出てきて、読んだ当時私は、どうしてここでヤナーチェックを出してきたんだろう、と読み進めながらも、しばらくその疑問にとらわれていた事を思い出しました。

村上春樹は自身を”正式な音楽教育を受けたわけではなく、ほぼまったくの素人”と言ってますが、小澤征爾をして村上春樹の音楽好きは”正気の範囲をはるかに超えている”、”彼はただ音楽好きだけではなく、よく識っている”と言わしめる程であったことは、本書をまとめるうえで最高のインタビュアーであった、という事でありましょう。

「スコアを深く読む」というのは、五線譜にかかれた暗号みたいな記号に過去からのメッセージを読み解く、という小澤征爾が朝に集中してやる作業、という事で、すべてはスコアに始まり終わるという印象を受けました。
オケのスコアに作曲者のメッセージが書かれている、など、ほぉ~と思うことも多々ありました。


私の母が小澤征爾と同学という事で、「小澤さんが」という会話をよく家の中で聞いていました。
「小澤さんは本当に女の子に人気があってね~、いつもみんなが、小澤さん~、小澤さん~って言ってたのよ。」

2009.07.19 ♪ Twitter
俳優やらミュージシャンやらがこまめに更新してるという事でわりと前から話題になっているTwitter。
文字制限があるテキストなので手軽さがいいようだが、まぁ何と言うか、SNSもそうだが、そうそうネットに貼りついていかないし、普段はアクセスにも限りがあるので、特に必要性を感じていなかった。

専らfollowingのみで、必要性がないという事では今も同じスタンスだが、それでも時々こんな写真がUpされると、”伝達の多様化”というのを強く意識させられる。

tw-bonojuly18.jpg
u2_360tour@Twitter

こちらはツアー中のU2のTwitter。テキストはなく、写真へのリンクが貼っているだけ。
ところがその写真がエッジのアップ、ステージアクセサリ、移動中の道路、滑走路、ご覧のようなBonoの近影、などスタッフもしくはメンバー本人しか撮れないような写真なので、ちょっとびっくりする。

何枚か見た限りでは、カメラマンはエッジではないかと。
Followerのコメントもみなさんエッジと決め付けて話しかけている。

U2の全世界ファン数を考えたら、こちらの現在のfolowers 4434なんて少ない方かと思うのだが、
Rolling Stone誌でこのように記事にされたりすると、さらに増えてくるんだろう。

あとは、マニックスもfollowingしている。こちらは公式ではないようだが。
新刊Rolling Stone誌で見つけた記事。

garmuttcom_def_shepperd.jpg
GARMUTT

head_myspace2.jpg


これはわが社売り上げNo1(自社比)ブヒブヒレーベル所属の小虎っちにも着せなければ。
そしてバンドユニフォームとして、六福家にも頑張ってもらおう。
2008.11.16 ♪ 駅メロ
京急電鉄

16駅の駅メロディ採用曲が決定いたしました!
11月18日・羽田空港駅から順次使用開始


駅メロって、電車が出発する時・ドアが閉まる時に鳴る曲かと思ってたら、電車が近づいてくるお知らせメロディの事だそうだ。

その16曲のリストがどうにも微妙・・・・。
実際、曲のどの部分がどの程度(時間)流れるかがまだわかっていないですが、
金沢文庫の「MY HOME TOWN」は贔屓目に見てOK。

でも、青物横丁にいて電車が来るたびに「人生いろいろ~」と聞こえてきたり、
浦賀にいて電車が来るたびに「ゴジラのテーマ」が聞こえてくるって、どうなのだ。

体験者、レポよろ。




・・・ってな話も聞かず、ひっそり(?)と公開されとる気になる映画2本。

『レスポールの伝説』

lespaul.jpg

だいぶ前になぜか自分に試写会のお知らせが来て、まさかこの過去記事のせいでもなかろうと思ってたが、平日は動けずあえなく無駄に。

いやー、楽しみだ。爺さん、達者で。

『アクロス・ザ・ユニバース』

bono_across.jpg

すべてはこの人です。

Bono。
2008.01.02 ♪ Michel Gondry
鴨子さんに教えていただいたミシェル・ゴンドリー(が作ったKylie Minogue)のPVがえらいかっこよかったので、早速amazonしますた。
MD.jpg

こんなお仕事してた。Bjorkとやってた人か。ちゃんと覚えとかんとダメだなぁ。

このThe White Stripesのレゴのやつは見たことある。
そうだ、レゴといえばU2「The Sweetest Thing」もよく出来てて、オリジナルのPVを結構忠実になぞっているので比べて見るとおもしろい。レゴは万人を刺激するものか。

で、このDVD、DIRECTORS LABELシリーズのひとつ・・。
実はAnton Corbinのを買おうかどうしようか長らく迷っている最中。
それだけでなく、Spike Jonze、Chris Cunningham、そそられる名前が並んでいて罪なシリーズなんである。
テルミン『大人の科学マガジン』No.17では、なんとテルミンが付録でついてくる!!








行ったのではなく、行きたかったもの。
どうにもスケジュール空かず諦めた。

Billboard LIVE TOKYOのSteely Dan
もしかしたらこの来日が最後だったかも知れないと考えると非常に後悔。
話によると、小田氏も見に行ってたようで。いや、そっちが目的では全くないが。


Blue Note TOKYOのAKIKO YANO GROUP
このトリオは、毎回見る価値があるので、できれば落としたくなかったんだが。
ちなみに自分は、レイ・ハラカミとの新ユニット”yanokami”にはあまり興味がないので、
年末のコンサはパス。

BillboardとBlue Noteは、棲み分けが難しそうだなぁ。どっちもいいお値段だけど。
10月には、Allen Toussaintも来る!
そうそう、Billboardの日本人第1弾は、井上陽水さん
バンドメンバーに、おっ!と反応(六本木経済新聞)。ベースの美久月千晴さんは、私の先輩の実のアニキ。おお、今は陽水さんと一緒にやっているのかぁ。行きますか?<はちのじさん


そしてHONZIの訃報を知る。
私が彼女を知ったのは、リクオのライブで一緒にやっていた頃で、もうすでに●●年前。その彼女が、この直前までは早川義夫さんと一緒にライブをやっていたようだ。早川さんの日記には現在彼女の写真が掲げてある。癌と闘い続け最後までステージにあがる気力を持っていたようだ。彼女の音に触れた者としてご冥福を祈る。

その早川さんは、元・早川書店の店主。この本屋が私の通学路にあった。毎日のようにこの本屋に立ち寄っては本を書棚を眺めているのが好きだった。ブックカバーもしおりも書店独自で作成したものだった。きれいな優しい奥さんがレジにいた時もあり、店主がいた時もある。店主は言葉少なで、ぶっきらぼうで恐かったので(笑)、本を買うときはなるべく奥さんがいる時にした。この店主がかつてジャックスというグループにいたミュージシャンだったなんて当時は知る由もなかった。オフコースが二人の頃のライブで『サルビアの花』を歌っていたのは知ってたのに。
このサイトにあがってる写真を見て、別人かと思った。だって全部笑顔の写真・・・。
これ。
P4120025.jpg

時折パンダ探しに食玩Watchに行くのだが、そこで見つけたフェンダー・ギター・コレクション
欲しかったブルーのストラトとジャズベが手に入り、これはここで終了。
中の2本は、Beckギター・コレクションのもの。これ、原作の漫画から商品化されたものらしいのだが、ここでの狙いはファルコンとレスポールで、Getしようと勇んでいたんだけど、フェンダーを見たら、購入継続欲が失せた。それほどフェンダー・コレクションはよくできてた。ピック・ガードのネジ本数が一緒ってすごいな。

いかん、やっぱりテレキャスも欲しくなってきた。
一家に一本、フェンダー・コレクション。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。