FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CD
本屋でロンドンのガイドブックをパラパラと見ていたら、正体不明の壁書き職人・Banksyの作品が見られるカフェ、というのを載せていたので、ちょっとびっくり。手に取ったガイドブックが少しアート寄りのものだったからかも知れないが、Banksyに関するロケーション・マップの書籍は、日本語ではまだなかったと思っていたので。

で、正体不明な割には今やオークションで相当な値段がつく超売れっ子さんですが、そうなると企業広告やらいろいろなオファーがくるかと思いきや、断っているらしい。CDジャケにしても、このBlurの「Think Tank」が認識されているぐらい。(あと有名なのはパリスのCDすり替え事件ぐらいか。)

blur-think_tank.jpg

再結成で話題のBlurだけど、昔、Blur vs Oasis だなんて言ってたのは何の騒ぎだったんだろう。
こちらは最近リイシューが出て、CCCDではなくなったそうなので買ってみたい誘惑。

ちなみにBanksy作品、ただ今Bristolで展示中。夏休みで出かけられる方へぜひ。admission freeだよ。


... 続きを読む
スポンサーサイト
CD
「犬でいることは、人間でいるよりもはるかに素晴らしい」
"just how cool it is to be a dog and how much it beats human life"
NME news

IggyPop_nme
元祖裸族


”ばかげたギターサウンドやくだらない音楽に飽きた”というIggy Pop の5月に発売されたアルバムは、”静かなアルバムで、ジャズの要素を取り入れている”らしい。その新作からのリード・シングル。

Iggy Pop - King Of The Dogs



ジャズテイスト。意外に思ったけど、なかなか悪くない。
(でもこれで終わりなのか?また”くだらない音楽”に戻るのか?)

3タイプの一日の生活がそれぞれ選択して見られる。(FOX(テリア)とコメントしてあるが?)
上記のイントロビデオからひとつを選択して、終わった後また次のビデオを選択できる。
こういう趣向のものを、interactive videoと呼ぶらしい。文字通り”双方向”だ。

先のNMEに掲載されていたインタビューは公式サイト の動画にあったが、今は見られなくなっているようだ。(と思ったら、YouTubeにあった。)プールサイドで白い犬をカメラに写している。
実生活でも共に暮らし羨ましく思っているのかもしれない。

Iggy Pop - Preliminaries
IP-preliminaries
2008.11.16 ♪ 会場収録
CD
ツアータイトルになっている曲が、ほとんど終盤に来て、やっとCD化。
oda.jpg
1. 今日も どこかで (フジテレビ系「めざましテレビ」テーマソング)
2. 今日も どこかで (会場のみんなとバージョン)
3. 今日も どこかで (オリジナル・カラオケ)

9月の武道館で、「CDが出ることになった。で、同時収録には、みんなの歌声を録音したい」と言い出した。番組のテーマソングになっていただけで、世(円盤)には出回っていない歌。
テレビを見てない人には(オレだ)、コンサで歌われた時だけしか聴いてないはず。
この武道館、そんなリピーターばかりではない。

オケはすでに録音されてあるテープ。「録音するので、拍手・歓声はなしで」という事前注意で始まった。
小田氏は花道をタクトをふるようにテンポをとりながら歩いているだけ。歌ってない。

リズムが変わるところでは観客の声も自信なげに弱くなったりで、正直”これが売りもんになるんだろうか”と、ずーーーーーと思ってましたが、いや~、録音技術ってすごいもんだ(笑)。
CD聴くと、会場中で大合唱しているように聞こえますがな。

練習もなしで、いきなり歌わせた小田氏。すごい度胸だな。
CD
doys

 「作りたかったのは『聴く』音楽ではなくて、『体感』できる音楽だった」 by ノエル・ギャラガー


とはCD帯のテキストですが、そう言うだけあって良いアルバムに仕上がってると思う。
日本版は1週間先行発売されていたのですね。先週の店内はちょっとしたOasis祭でした。

特にタイトルの歌詞が出てくる「The Turning」がお気に入りで、日本版にはボートラが2曲入っており、そのうちの1曲がこれまたアゲインだったので、余計にうれしい。

特段Oasisファンでもない自分がこの新譜を待っていたのは、

「コーヒーにするか紅茶にするかで6時間もスタジオに入っているやつらだぞ。5年間は使えねぇ。」と金に物を言わせ、アビーロード・スタジオのスケジュールをU2から横取りした、

とかいうニュースのせいではありません。

もともとリアムの声はそんなに好きではなかったものの、ノエルの書く曲は好きなので。
あとはThe Who の活動に専念するので抜けてしまったザックがどれほど参加しているのかが気になっており。→どちらにしろザックは11月に見られるので、うれしい限り。
で、先行シングルの「The Shock Of The Lightning」はカッコイイし。

聴いてみると、確かにJ-WAVEで話していたように、リアムの声(歌い方?)が変わったようで。
例のダミ声がそんなに耳障りでなく、歌詞も聞き取れ。

って一体いままで何様なリスナーだったんでょうね、自分。
なんとなくリアム=桑田なにがし、なんすよ。

で、先のノエルのセリフがぴったりくる曲の構成で。体感=ちょっとしたトランス感。
極めつけ、アートデザインが、まるで私の好きなモンティ・パイソンを彷彿とさせる絵柄で(笑)。

というわけで、一緒に買ったTRAVISにはまだ手を付けられないほど、ヘビロテですよ。
近所迷惑すれすれのボリュームで、全開だー!
CD
「Tibetan Freedom Concert」
TFC.jpg

BEASTIE BOYSが提唱して1996年に第1回が開かれて以降、定期的に行われてまだ終わってはいない。
第2回にはU2が「One」を歌った。このときの画像はネットでも多く見られる。
上記のCDは、第1回と第2回からのベスト版(らしい。誰が欠けているのかな)。

3月この時、ちょうど香港にいた。出発前にきな臭いニュースが流れていたが、衝突のニュースを見たのが、現地新聞でなく英字新聞だったのが少しショックだった。自分に出来るのは何か。できるだけ内地に金を落とさない事だ。でも香港台湾行って食事して映画見てCD買って、と間接的には同じ事。そんな自己矛盾のイライラを抱えてもう1ヶ月。
2007.12.30 ♪ Help!
CD
・・・・といえば、Beatles?

help

Help: A Charity Project for the Children of Bosnia

こちらは1995年に発売された、ボスニア内戦の子供達を救え!チャリティーアルバム。
6日間で製作されたそうで、参加アーティストが豪華。
OASISの『Fade Away』には、ギターにJohnny Depp、タンバリンにKate Moss。
MOJO FILTERS = Paul Weller + Noel Gallagher + Paul McCartney。

Manicsは、『Raindrops Keep Falling On My Head』。(「雨にぬれても」。)
Manicsファンにとっては『Lipstick~』に既に収録されているけれど、未知の方々に兄貴のステキな美声をお聞かせするには、いい1枚なんではないの?他にもRadio Head やらSUEDEやらMASSIVE ATTACK + BRIAN ENO、、、
ね、豪華だしょ。地道な布教が実を結ぶのであった。

曲にまつわる話は、War Child Musicのこちらのページにあるので、どうぞ。
円盤はもう廃盤のようなので、お買い上げ&試聴はiTunesからどうぞ。
(ところでiTunesで買って、収益はFundへ回るのかな。特に書いてないような。一番大事なところなんだけど。)

そして10年後、
help2


Help: A Day In The Life
またまた素敵なメンバー構成。ManicsとRadio Head続投。
CD
旅先レコーディング・シリーズと言っても、前2作を知らなかったが、Hawaiiだったそうだ。

『上海』 KAMA AINA / 高田漣 / MOOSE HILL
shanghai

高田漣は今作より”RT”表記を変えたんだろうか。
彼の名前は、いつからか知っていた。たぶん高田渡の息子、というinputだったかもしれない。それが最近は幸宏と一緒に演るようになって、目にとまる回数も断然増えた。そうかといって、彼のソロも聞くかというと、そこまでの触手は伸ばせず。ではなぜこれを買ったか。

06 中国女」 のカバーがあったのもひとつの理由。
もうひとつは、

09 花樣的年華

ですよ。
もちろん王家衛の《花樣年華》のあの曲ですよ。
こんなポイントでレジに向かう奴なんざ、100人に1人だ。


shanghai2ゆったりでまったりな三人のギターが奏でる音楽は、自分的には全く上海ではなかった。雑踏のSEや普通語のセリフを被せたりして、それはまさに外人の想像する”中華風味”であり、旅先地を他の国に変えてもいけるんじゃないか、という印象だった。もちろん、その地に同化して現地の音楽を、なんていうのが彼らの連作の狙いではないだろうから、これはこれでいいのだろう。ああ、このCDを見つけた記事には、”心安らぐ極上の中華エキゾ音楽”ってちゃんと書いてあった。それに100%中華だったら、それはそれでイヤだし。全くわがままなリスナーだ。

ここのレーベルのサイトを見に行って、『PENGUIN CAFE ORCHESTRA』のベストが出る予定を思い出した!そうだった、忘れてた。

”極上のロハス・サウンド” ”究極のLOHASミュージック”
・・・・だからヤメレってば、こういうキャッチは。
しかもTributeも同時に出すという。
ああ、幸宏の名前がある。Steve Jansenもいる。・・・買うのか?オレ。

CD
MTV Newsより。

リンキン・パークはU2に似ている?

先月リリースされたニューアルバム『Minutes to Midnight』が、全世界31ヶ国でナンバーワンに輝いたリンキン・パーク。さらにパワーアップしたサウンドでシーンに戻ってきた彼らは、今作でU2から影響を受けたと告白している。

絶好調なセールスだけでなく、社会的な活動など、最近様々な面でU2と比較されているリンキン・パークだが、これについてベーシストのフェニックスは、「U2は大好きなバンドだし、新作のサウンドも影響を受けたのは否定できないね」とコメントした。


そこはかとなく中華新聞的な香りがいたしますが。

やっと手に入れた、LINKIN PARKの新作『Minutes To Midnight』。今までのバンドの方向性と異なるのが、ファンの間でも論議をかましているようで、素人ファンの私にはMike Shinodaのラップが消えた!ってのが一番印象強い。でもこれもありなのでは?確かにアクが消えた気はするけど。

そしてこの記事。今作での共通な事といえばプロデューサーにクレジットされてるRick Rubin。U2では、Green Dayとのコラボ"The Saints Are Coming"や、"Window in the Skies"をやったのが記憶にある。売れっ子Rick Rubin、手がけるミュージシャンはRed Hot Chill Peppers、Slipknot、Justin Timberlake、METALLICA・・・。実に多彩。まさかプロデューサーが一緒だったから似ている、なんつーこともあるまい。

言われてるジャケはこちらです。
U2『All That You Can't Leave Behind』  LINKIN PARK『Minutes To Midnight』
U2_all        Linkin_MTM

わははは。

”Rick RubinがU2の新作を手がける”っつーニュースが言われてますが、上の2曲のこと?(アルツ) 今月頭にMoroccoのFezでレコーディングに入った時には、確かDaniel LanoisとBrian Enoの黄金メンバーだったけど。
雰囲気も満天なFezで。
u2_fez.jpg
CD
寝入りばなに聞こえてきたDecemberというのが、いい感じのロックだったので、
気になって翌朝iTunesで検索してみた。
December。3枚Hit。
december_eingang.jpg1枚は4曲組EP。最初はこれから買ってみようか。
December「Eingang」
昨日聞いたのはどの曲だったか。
ああ、ちょっといい感じ。
iTunes1

次の2枚。

december_LC.jpgまず「The Lament Configuration」
うあ!!Vertigoなんつー曲を書いてるっっ!
聞いてみよ、聞いて見よ♪


と言うわけで、試聴してみた。iTunes1



・・・え?え?え?
・・・・・・・・・・・これってば。
・・・・・・・・・・・ノイズ・メタル・・・・?!

ちがうやーん(笑)。全然ちゃう。
つーか、普通のロックから、どうしてこんなに極端に変わってしまうのだ・・・?!爆笑だ。
いったいこのグループに何が起こったんだ・・・?

びっくりして、放送した曲目リストを検索して見た。(初めからそうしろってば。)
勘違い。Collective Soulの「December」だった。
Collective Soulっつーと、ワタシの記憶じゃ90年代。
まだ活動しているのか?!

とりあえずそれは置いといて、気になるDecemberをググってみた。
やっぱり。正真正銘、メタルのグループだ。
とすると、Decemberという名のグループがふたつ?
で、iTunesでは同一グループでHitしてしまう?!

現場で確かめようと、近所の外CD屋へ。
ついでにCollective Soulもチェック。
H。ない。
T。やっぱりない。
日系S堂。
輸入版Collective Soulがたくさんあった。
ニ手店のRとBにもかる~く流されていた。(日本版だった。)
各店のこの商品列伝に軽くめまい。

homeCollective Soulは、Tに唯一1枚あった「Home」を買ってみた。
これはライブ版で、オーケストラをバックに歌うという企画のよう。
(昨秋に出たHoobastank「LA CIGALE~Live in Paris」のDVDを思い出した。画像で見ると、Hoobaよりオケ団員の数が段違いに多い。)
ちなみにOfficial(なのか?)のサイトがあった。
Newsは最近までUpされてるようなので、まだ活動してるんだろーなぁ。このライブでは、ボーカル、まるで欧州系のように歌ってます。
CD
また女性ボーカルの「One」が聞こえてきた。
Inger Marieの歌う「One」だった。→ iTunes1
とりあえず1曲だけお買い上げしてみた。

Inger Marie(まるで日本人のような名前)、本名をInger Marie Gundersen というらしい。大ヒットしたという前作ファースト『Make This Moment』は、本名名義でリリース。

日本で大うけして、韓国他のアジアで火がついて、本国ノルウェーへ持ち帰り、
という話をどこかで読みましたが、そうですか。
普段Jazzを聞かない人が、ついつい買って聞きたくなる、というポイントに、
スタンダードを歌っている、というのがあると勝手に推察しているのだが、
彼女はそれに加えて、Popsもカバーしている所が、その所以かと。
ジャンルにこだわらず「“時代に関係なく質の高い音楽”が好き」とこちらのインタビューで答えとります。

自分には、Mary J. Blige のバージョンのように歌い上げる方がしっくりくるんだけど、
彼女のようにハスキーな声で、バーで聴きたくなるようなのも時にはいいかと。
どちらにしろ、ジャンルを越えてカバーされるのは、違う層にアテンションを促すと言う意味でもうれしいっす。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。